リレンザとタミフルの違い

現在インフルエンザ治療薬として特に高いシェアを獲得しているのがリレンザとタミフルです。
これら二つは当然全く違う薬なのですが、その違いとしてまず大きいのが薬としての形状です。
リレンザは吸入薬に分類されるのに対してタミフルはカプセル剤か散剤であるため、外見で見分けることも用意です。
吸入薬であるため飲み方がイメージできないという人も多いですが薬と一緒に渡される吸入器を使って思い切り吸いこむだけですから一度慣れてしまえば問題は無いでしょう。
次に違いとしてあるのが作用機序、つまり薬が効く仕組みです。
リレンザは吸入された際に気道に薬の成分が付着して気道に感染したインフルエンザウイルスが広がって症状が悪化するのを防ぎます。
それに対してタミフルは服用後に消化されて薬の有効成分が全身に回り、それによってウイルスの増殖を防ぎます。
あと違うこととしては処方の判断ですが、これは病院によって異なるため何とも言えません。
ただタミフルに関しては服用した幼児が異常行動を引き起こし、その結果転落死するなどの痛ましい事故が起きた過去があります。
実際のところ薬と異常行動の因果関係についてはまだ立証されていないためタミフルの副作用で事故が起きたとは断言できないのですが、そうした事例があった以上は幼児に対してタミフルを処方するべきではないという判断が現在では一般的になっています。
よって10代の子どもに対して処方される薬としてはリレンザが選ばれる可能性が高くなっており、ここでもある程度住み分けがされていると言って良いでしょう。
どちらもインフルエンザ治療薬という分野こそ同じですが、外見や薬の仕組み、処方の判断などが異なるため別の薬として扱うようにしてください。

■リレンザを含むインフルエンザのお薬は通販で購入しませんか?
つらいインフルエンザを治すなら