インフルで後遺症にならないために加湿器やリレンザを

インフルエンザというのはただの風邪だと思っていると、大きな後遺症が残ってしまうほどに重症になってしまうこともある病気です。
確率的には稀だと行ってもインフルエンザにかかる確率自体は低いものではありませんから、誰でもこのような重大な事態になってしまうおそれがあるので注意をしましょう。

インフルエンザによって後遺症を残さないためには、予防に努めることがまず大事であり感染をしなければインフルエンザによって後遺症を残すようなこともありません。
感染予防の基本としてはうがい手洗いを励行することであったり、湿度の管理気をつけることが大切です。
湿度が低いとインフルエンザに感染をしやすくなってしまいますから、流行する冬の時期などは特に湿度に気を使って加湿器で湿度管理をするようにしましょう。

これだけしても感染力の強いインフルエンザなので感染をしてしまう可能性はあるわけですが、予防と初期の段階の治療に効果があるのがリレンザです。
リレンザを服用することによってウイルスの増殖を抑えることができるため、予防にも初期段階の治療にも効果的であるため覚えておくと役に立ちます。
リレンザは医療機関でなければ購入をすることができず、予防目的のためだと保険が適用されないので注意が必要です。
インフルエンザに感染をしていた場合には、保険が適用されるので安価で薬を処方してもらうことができますから体調不良を感じた時には早めに病院で検査をしてもらうようにすることが重要となります。
インフルエンザが流行している時期であれば、自ら伝えなくても医師の方からインフルエンザの検査をするように進められることが多いので、特別心配をするようなこともありません。