リレンザを常備するには

受験などで絶対にインフルエンザにかかることが出来ない場合、その対策としてまず行うべきなのは予防接種です。
ただ予防接種だけで絶対に安心できるとも言い切れませんから、より念には念を入れてということであればリレンザを常備しておくというのも一つの方法になります。
では具体的にリレンザを常備するにはどうすれば良いのかというと、最初の方法となるのは病院で予防目的として処方してもらうことです。

予防はあくまでも予防であって健康保険条で定める治療目的とは異なるため完全自己負担となりますが、病院からすれば体調・体質に問題がないのならば処方が可能ですから頼めば処方してもらうことができます。
特にかかりつけの医者がいる場合には事情を話せば対応してもらえるでしょうから、まずはこの方法で対応すると良いでしょう。

ただもう少し費用を抑えたいということであれば、リレンザは通販でも取扱があるのでそちらを利用することでコストの削減になります。
海外の販売業者から直接医薬品を購入する個人輸入は日本の法律で禁止されているなどのことも無く、最近ではインターネットを利用して個人輸入代行業者に依頼すれば自分で海外の業者とコンタクトを取らずともリレンザを購入できるようになりました。

そうしたところを利用すれば病院に診察代を支払う必要がありませんから、病院で処方箋を作ってもらうよりも多少安い価格で手に入る可能性があります。
とは言え個人輸入では偽薬を売りつけられるリスクが常にありますし、送料や手数料などを含めていくと最終的に病院処方とそこまで変わらないことも多いです。
よって個人輸入を利用するのならばしっかり吟味し、吟味して今一つ良いところが見つからなかった時は素直に病院で処方してもらうようにしましょう。