吸入薬であるリレンザを使用するタイミングとは

タミフルは錠剤やドライシロップですが、リレンザはイナビルと同様、吸入薬です。リレンザに対して耐性を示すウイルスはまだ見つかっておらず、副作用も少ないため比較的多く処方される薬です。
リレンザはインフルエンザのウイルスの増殖を抑える効果があります。そのためウイルスの増殖が進んでしまう48時間を超えてしまうと、効き目は現れにくくなり、熱が下がらないことがあります。ウイルスが増殖した後に、吸入しても効果はないので、発症後48時間以内に吸入を開始するようにしましょう。
吸入薬であるリレンザのタイミングとしては、1日2回吸入で、5日間続ける、となっているので、朝晩の2回吸入すると良いでしょう。特に食事前や食事後といったきまりはありません。ですが、リレンザを処方されたらすぐに1回目を吸入した方が良いので、1回目を吸入した時間を基準とし、その後時間をあけて2回目を吸入すると良いでしょう。お昼に吸入した場合は、寝る前にもう一度吸入してみます。
リレンザは粉の薬であるため、錠剤よりも効き目が早く現れます。また、吸入することによって喉についているインフルエンザウイルスに直接作用することができ、タミフルよりも早く改善していきます。タイミングを間違えると、効き目がなくなるので、発症から12時間以上48時間未満のうちに医療機関を受診し、リレンザを処方してもらうようにします。
子供の場合、リレンザをうまく吸うことができず、薬剤が残ってしまったり、吸った後吹き出してしまったりすることがありますが、改めてすぐに吸入をする必要はありません。次の回まで待つようにして、1度に2回分使用するなど、連続して吸入するのはやめるようにします。