関節痛や痰が出ている場合、リレンザを使用可能?

インフルエンザと診断された場合、タミフルやリレンザ、イナビルが処方されます。タミフルは錠剤やドライシロップですが、リレンザ、イナビルは吸入薬です。この3つが難しい場合は、ラピアクタと呼ばれる点滴薬が使用されます。
インフルエンザに感染すると、A型の場合、いきなり高熱が出て、関節痛が起こります。熱によって悪寒や倦怠感を感じることもあり、頭痛が起こることもあります。
B型の場合は、お腹が痛くなったり、下痢を起こしたりといったことが起こることがありA型ほどは高熱が出ません。ですが、症状が回復するまでに時間がかかることがあります。
リレンザは、A型、B型のどちらのインフルエンザにも効く薬で、粉状になっています。
イナビルも粉状で、1回吸入するだけで、その後の薬の使用はありませんが、容器の底に薬が残りやすいことがあります。リレンザは専用の容器に、ブリスターと呼ばれる円盤状の薬をセットし、使用します。
1日2回、5日間の使用で、1回に2個分の薬を吸入します。薬がウイルスに届きやすく、タミフルよりも効き目が早く現れます。
ですが、喉の痛みとともに痰が出ていたり、痰が絡んでいたりする場合、しっかりとウイルスに届かないためなかなか熱が下がらなかったり、関節痛が良くならなかったりすることがあります。このような場合は、痰を取り除く治療を行った方が良いので、医師に体の状態をしっかりと伝えるようにします。
インフルエンザは、薬を使用しなくても、自然治癒によって1週間程度で良くなります。ですが、リレンザを使用した場合と比べると、症状の重い状態が長く続くことが多く、体力の回復も遅れがちになります。
的確に薬の効果を得るためにも、痰が絡んでいる場合は、医師に相談するようにします。